コンテンツタイトル名

人生の祝いごとのうち、最も大きく、華やかな行事が「婚」です。
二人の新しい門出を祝し、両家のご縁を喜び、周囲の誰からも祝福を贈られる婚礼の儀式は、人生における輝かしいセレモニーです。
「婚」とは実際には縁談の依頼から始まり、結納、結婚から新生活新家庭に落ちつくまでの行事ということです。

快気祝い

本来、全快の報告、御見舞へのお礼を兼ねた祝宴を行なうか、内祝いの配り物をするのが快気祝いでした。
しかし、現代では、病気やケガが全快したら、お世話になった方やお見舞いに来て頂いた方に、「快気祝い」としてお返しをする事が多くなってきています。
お返しは、半返しといわれています。もらった品の三分の一か半額程度を目安とすればいいでしょう。
品物は、「あとに残らない」という願いを込め、食べ物を贈ることが多いようです。

【快気祝い】
紅白結び切りの水引をかけ、表書きは「快気祝い」内祝い」など

新築祝い

家を新築するということは、人生の喜ばしい節目といえます。
新築祝いは、その人生の節目を祝う行事です。
お祝いの品に関しては、相手のほしいものを聞くのがいいでしょう。
ただし、贈る品としてライター、ストーブなど火に関係するものはタブーです。
お祝いの品は、新築披露の前日まで届くように送ります。

【新築のお祝い】
紅白蝶結びの水引をかけて、表書きは「御新築祝」「祝御完成」「御祝」など。
現金の場合も、のし袋に紅白蝶結びの水引をかけて、「御酒料」「御祝」など。

【新築のお返し】
新築披露に招いた人には、お返しは不要ですが、感謝をこめて礼状を出します。
招待しなかった人には、いただいた品の半額から三分の一にあたる品物をお返しします。
水引は紅白蝶結び、尾も手書きは「新築内祝」、「内祝」など。