咲きはじめは黄色い花が、咲き進むにつれてオレンジ、紅色へと変化していく紅花(ベニバナ)。
藍染の藍や茜など、染色植物の代表的存在として京染めなどに使用されてきた歴史のある旬の花、紅花についてご紹介。

続きを読む