コンテンツタイトル名

秋を楽しむお花 リンドウ

秋の代表的な山野草のリンドウ
すっとのびた茎に涼しげな花を咲かせるリンドウは枕草子の中で「いとをかし」(とても趣がある)と表現されるほど。

近年では、青色の花だけではなく、白やピンク、淡い水色に白色がポイントで入ったものなど品種改良が盛んに行われています。
秋を楽しむお花として、趣があるお花リンドウをご紹介。

Flower Data リンドウ

リンドウ科 リンドウ属
原産地 日本、中国、朝鮮半島、シベリア
開花期 6月~11月頃
花言葉 「悲しんでいるあなたを愛する」「誠実な人柄」
和名 ササリンドウ(笹竜胆)
   エヤミグサ(疫病草)
花持ち 5日から10日程度

長野県 Sky Blue Seto(スカイブルーセト)さんから入荷したリンドウ
茄子のような色合いが可愛らしい。

リンドウの水揚げ方法

リンドウのお花を少しでも長く楽しむ方法として、水揚げは「水折り」がおすすめです。
水折りとはバケツなどに水を張り、水の中で茎を折る方法。茎の繊維が多い花におすすめです。

切り花の水揚げ方法についてはこちらの記事で詳しく書いているので良かったらご覧ください。↓

リンドウの小ネタ

リンドウは古くから薬草としても知られています。
漢方の生薬として使用される部分はお花の部分ではなく、リンドウの根です。
リンドウの根が「龍の胆のように苦い」と例えられたことから「竜胆(りゅうたん」と名付けられました。
「りゅうたん」がいつしか「リンドウ」と変化し、良く知るリンドウの名前になりました。
(※観賞用のリンドウは口にしないで下さい!)

「悲しんでいるあなたを愛する」という花言葉は、群生をせずに、静かに花を咲かせている姿から来ています。なんとも慈悲深い花言葉です。
花言葉のように、一輪挿しで秋の趣を楽しむのも乙かもしれません。

写真のように、小花と一緒に生けると可愛らしい雰囲気になります。
秋を楽しむお花としてリンドウを飾ってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る