コンテンツタイトル名

切り花の水揚げ方法

ライフスタイルが変わり、お家時間をより充実させたものにしようとお花を購入する方が増えてきている現代。
少しでも長く楽しめるよう、お花を飾る前に実践して頂きたい切り花の水揚げ方法についてご紹介します。

切り花やグリーンが弱ってしまう大半の原因は水不足にあります。
植物は本来、根の力を借りて水を吸い上げているのと、葉の蒸散作用などの力によって水を取り込んでいますが、切り花は根から水を吸い上げることが出来ないため、本来植物が持っている、水を吸い上げる力が弱くなります。

そこで、茎を切る事によって水を再度吸収しやすくなるように手助けし、寿命を延ばしてあげる方法の一つ「水揚げ」をすることが大切になってきます。

水切り

最もスタンダードでありながら、簡単な水揚げ方法。
バケツなどに水を張り、茎を水の中に沈め、そのまま水の中で茎を斜めに切る。
その後、茎が半分以上浸かるくらいの深水に、1時間程度浸けておくとお花が元気になります。
※茎を斜めに切ることで断面の表面積が大きくなるので、水を吸い上げやすくなります。
※切れ味の悪いハサミや錆びついたハサミを使用すると、雑菌が入り込む場合があるため、清潔なよく切れるハサミを使用しましょう。

水折り

バケツなどに水を張り、水の中で茎を折る方法。
茎の繊維が多い花におすすめ
※トルコキキョウ、マーガレット、リンドウ、菊など

焼き揚げ

茎の先端を焼いて水揚げする方法。
花や葉に熱が伝わらないよう、茎を出した状態で花の部分には新聞紙などの紙を巻きます。
バーナーなどで茎の先端2~5㎝ほどを火であぶり、炭のように黒くなったら水に浸けて冷まします。
茎の中心がスポンジ状のものや、茎から白い液体が出るものにおすすめ
※アジサイ、芍薬、ブルースターなど

湯揚げ

お湯を使って水揚げする方法。
花や葉に熱が伝わらないよう、茎を出した状態で花の部分には新聞紙などの紙を巻きます。
茎の先端を熱湯に数秒浸け(お湯につけた部分の茎が鮮やかな色に変わればOK!)
水に浸けて冷まします。
萎れやすい花、茎から白い液体が出るものにおすすめ
※マトリカリア、ダリア、ストック、ブルースターなど

叩き揚げ・枝割り

ハンマーなどで叩いたり、枝を縦割りに切って水揚げする方法。
細い枝ものなどは、繊維をほぐす様にハンマーなどで叩いてから水に浸けます。
太い枝ものなどは、ハサミなどで切り口に十文字の切り込みを入れ、割ってから水に浸けます。
枝ものにおすすめ
※梅、桜、ヒバなどの枝もの、ブルースターなど

今回は水揚げの代表的な方法、5つをご紹介しました。
様々な方法がありますが、お花屋さんや書籍などによってさまざま違うので、一つの参考として頂ければと思います。

また、ケイフローリストが運営するお花の定期購入・お花のサブスクリプション
「彩時間(いろじかん)」では、動画解説もしておりますので、合わせてご覧ください。

花瓶の水を定期的に綺麗にしてあげることは広く知られていますが、今回ご紹介した水揚げをすることで、さらにお花が元気に長持ちすることが期待できますので、是非、試してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る