コンテンツタイトル名

ハロウィンのルーツ

トリックオアトリート!と言いたくなる日。
10月31日はハロウィンです。
日本では2000年代初頭から若者を中心に人気が広がり、現代では日本のカルチャー文化の一つになりました。
カボチャの飾りやお菓子に可愛らしいオバケのイメージ、そして欠かせないのが仮装。

ハロウィンは元々、現代のお祭り的な感覚ではなく宗教的な行事でした。
近年のハロウィンではコスプレをして楽しむ文化が盛んですが、起源を知ればもっとハロウィンを楽しめるはず。

ケイフローリストが装飾したハロウィン

ハロウィンの元となった行事

ハロウィンの発祥は2000年以上も前の紀元前のお話。
ヨーロッパ各地にいた古代ケルト人の伝統がルーツとされています。
10月31日は秋の収穫を祝うとともに、悪霊を追い払う宗教的な行事として、古代ケルト人の暮らしに根づいていました。また、10月31日が1年の終わりの日とされ、死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日としても信じられていたようです。

収穫祭、お盆、年末年始がセットになったような印象です。
特に、死者の魂が家族のもとへ戻ってくる日というのは、日本のお盆にとても近しいものを感じます。

ケイフローリストが装飾したハロウィン

なぜ仮装をするのか?

ハロウィンの日の仮装にはちゃんとした理由がありました。
死者の魂が家族のもとに戻ってくる時に悪霊も一緒にやってくると考えられ、悪霊に人間だと気づかれないように、仮面を着け身を守っていたようです。
現代の多種多様な仮装の原点はオバケから身を守る仮面だったようです。

ケイフローリストが装飾したハロウィン

カボチャの「ジャック・オー・ランタン」

ハロウィンと言えば、カボチャをくりぬいて作る不気味なお顔をしたランタン。
このカボチャにも面白いお話があります。
「ジャック・オー・ランタン」はケルト人の文化が根強く残るアイルランドのある物語に由来するようです。

ケイフローリストが装飾したハロウィン

その物語はジャックという悪事ばかり働いていた男の話。
ある日、ジャックは自分の魂を狙う悪魔と出会いました。
そこでジャックは悪魔と「死んでも、地獄に落とさない」という契約を結びました。
地獄行きにはならない、とジャックはその後も悪事を働きました。
ジャックは死後、生前の悪い行いから天国へ行くことはできず、悪魔との契約のせいで地獄に行くこともできなくなってしまいました。
行き場を失ったジャックはくり抜いたカブの中に火を灯し、今も彷徨い続けているという。お話。

元々のお話しではハロウィンのモチーフになっているカボチャではなく「カブ」をくりぬいたランタンが出てきます。なぜ、現代ではカボチャがモチーフになっているかというと、ハロウィンがアイルランド移民によってアメリカに伝わった時、アメリカではカブよりカボチャの方が入手しやすかったことが一説にあるようです。

カブをくりぬいた「ジャック・オー・ランタン」の写真はWikipediaで見れます。
ちょっと怖いので、興味がある方は検索してみてください!

ケイフローリストが装飾したハロウィン

トリック・オア・トリート

日本ではほぼ馴染みがありませんが、アメリカでは日没後に子供たちが「Trick or Treat!」(お菓子をくれないといたずらするぞ!)と言って近所の家にお菓子を貰いに行く事も現代のハロウィンの風物詩の一つです。
「トリック・オア・トリート」の起源は諸説ありますが、こちらもヨーロッパのケルト人の風習から発展したといわれています。
11月2日の「死者の日」とされる日に仮面をつけた子供たちがケーキを貰いに家々を回って、ケーキで亡くなった人を供養したそうです。

ケイフローリストが装飾したハロウィン

仮装にカボチャ、トリックオアトリート!お菓子をくれないと悪戯するぞ!のハロウィンには興味深い由来がありました。

10月ならではの楽しいお祭りのハロウィン。
仮装をしたり、お家を飾り付けたり、ハロウィンを楽しんでみてください。

トリック・オア・トリート‼ハッピーハロウィン♩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る