コンテンツタイトル名

ドライフラワーの作り方

ドライフラワーは吊るしたり乾燥させるだけでいいの??と感じたことがある方も多いのではないでしょうか。実は色々な方法があるドライフラワーの作り方。
綺麗にドライフラワーとして楽しむ方法をご紹介します!

生花をドライフラワーにするタイミング

お花がまだ蕾の状態だったり、開ききっていない状態だと、水分が抜けにくく乾燥に時間がかかってしまい、変色しやすくなります。
また、お花を十分に楽しんだ後も色が悪くなりやすいので、お花が元気な状態の時に、なるべく素早く乾かすことが大切です。

ドライフラワーを作るのに適した時期

最も適しているのは、乾燥した季節です。
春と秋~冬が比較的作りやすく、湿度が高い梅雨時期や夏場は、お花が乾燥しにくく、作りにくいです。

ドライフラワー3つの作り方

吊るすだけでOK!気軽にできる”ハンギング法”

ドライフラワーと聞くと、まずこの方法が思い浮かぶのではないでしょうか。
「ハンギング法」とは、自然乾燥法のことで、吊るしてドライにする方法です。

1.茎の長さや葉を整え、お花の茎部分を輪ゴムや麻紐などで縛る(一輪ずつ吊るすのが良い)
2.風当たりの良い、直射日光が当たらない場所に吊るし、約1週間から2週間ほどで完成

※ポイント※
・花瓶に生けていたお花の場合、水に浸かっていた部分は傷みやすいので、浸かっていた部分を切り落とす
・風通しを良くするため、紐を結ぶ部分にある枝や葉、変色したり傷んでしまっている余分な葉や花びらは取り除く

綺麗な色が残りやすい”シリカゲル法”

花びらが多いバラなど、立体的なお花に向いた方法です。
「シリカゲル法」の特徴は、お花の形をそのまま残せたり、生花の鮮やかな色が残りやくなる方法です。

1.花首(茎の先の花を支えている部分)の2cmほど下をカットする
2.タッパーやガラス瓶などの密閉容器に、1cmくらいドライフラワー用のシリカゲルを敷き詰め、その上にカットしたお花を置く
3.密閉容器に入れたお花の上に、スプーンなどでシリカゲルを優しく振りかけ、シリカゲルの中に完全にお花を埋める
4.密閉容器の蓋を確実に閉め、冷暗所に1週間程度置き、花びらが固まっていたら完成

※ポイント※
・花首を短くする
・密閉容器を使用する
・とても繊細で崩れやすいので、取り出す際は優しく扱う
・すぐに褪色してしまうので、できるだけすぐに密閉容器やレジン、ハーバリウムなどに入れて乾燥状態を保ちながら楽しむ
・空気に触れる状態では長く楽しめないのが難点

お花を飾りながらドライにする”ドライインウォーター法”

少量の水にお花を挿し生けた状態で置き、少しずつ蒸発させて乾燥させていく方法です。
お花を逆さまに吊るしたりせずにドライにできるので、アジサイのように丸みのあるお花や、ふんわり感を残したいかすみ草などに向いています。

1.1〜5cmほど水を入れた花瓶にお花を挿し、室内の風通しの良い場所に置いておく
2.少しずつ水が蒸発し、約1週間から2週間ほどでドライフラワーになる

※ポイント※
・風通しの良い場所に置く
・お花を水に挿しておくだけなので簡単
・完成までに時間がかかるため、お花の色が悪くなってしまうことがあるので注意
・茎がしっかりしていて、ふんわりとしたお花が向いている
・お水が腐りやすい時期には向いていない

今までなんとなくドライフラワーにしていたかも…という方も、お花の特徴に合わせて適切な方法を選び、より美しいドライフラワー作りを楽しんでみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る