コンテンツタイトル名

フラワーアレンジメントの処分の仕方

フラワーアレンジメントはフローラルフォームという生花用の吸水性スポンジにお花が刺さっているものが一般的です。
アレンジメントを楽しんだ後、お花も枯れてきたし、そろそろ捨てたいけどどうやって捨てたらいいのか。
フラワーアレンジメントの処分方法を詳しくご紹介します。

刺さっているお花を抜き取る

まずは、スポンジに刺さっているお花を抜き取っていきます。

力を入れなくても簡単に抜き取ることができます。

傷んでいるお花はそのまま可燃ごみへ。


まだまだ楽しめそうなお花を小さい花瓶に飾ってみました。

フラワーアレンジメントから取ったお花を花瓶に活けるポイントは、傷んでいる葉を取って、茎を切って花瓶に入れて下さい。
フローラルフォームに刺さっていたお花は、茎にフローラルフォームが詰まっているので必ず茎を切って下さい。

フローラルフォームの処分の仕方

お花を処分したら、フローラルフォームと器が残ります。
まずは、フローラルフォームを器から取り出します。

フローラルフォームは水分を多く含んでいる為、お水を絞りやすく小さく切ります。

写真では専用のナイフを使用していますが、カッターや使っていない包丁、パン切りナイフなどで簡単に切ることができます。

断面はこんな感じ。
乾いているように見えますが、たっぷりとお水を含んでいます。
ここからお水を絞っていきます。

手にもって・・・

ギュッと!!!

ギュッと!まだまだお水がでてきます。

お水が出なくなるまで絞ったら袋に入れてゴミ箱へ。
フローラルフォームは自治体によって可燃ごみなのか、不燃ごみなのか違ってきますので、確認をしてからゴミに出してください。

おまけ フラワーアレンジメントの器の活用法

フラワーアレンジメントには大抵、カゴや陶器の器がつきものです。
可愛らしいものも多いので、器の活用法をご紹介します。

アレンジメントに使用していたシンプルな器に植物を入れて鉢カバーにしてみました。オシャレな雰囲気。

ポケットティッシュをいれてみました。丁度良いサイズ感です。

はさみをいれてみました
ハサミやペンなど、文房具を入れても良い感じです。

フラワーアレンジメントの処分の仕方まとめ

お水を吸ったフローラルフォームは結構重いので、お水を絞ってから捨てることで、処分がしやすくなります。
まだ元気なお花がある時は元気なお花を取ってから、元々のアレンジメントは処分し、花瓶に飾りなおしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る