コンテンツタイトル名

フローラルフォームの正しい使い方

フラワーアレンジメントに欠かせないフローラルフォーム。
フローラルフォームはアレンジメントの土台となり、お花を挿して固定する生花用吸水スポンジです。
きちんとお水を吸収できていないと、せっかくのアレンジメントが台無しになってしまいます。
フローラルフォームのカットの仕方と正しくお水を吸わせる方法をご紹介します。

器に合わせてカットする

フローラルフォームをセットしたい器に合わせてカットします。
写真では専用のナイフを使用していますが、カッターや使っていない包丁、パン切りナイフでカットが出来ます。
ポイントは、フローラルフォームはとても繊細でちょっとした力でへこんだり傷がついてしまうので、優しく扱ってください。

器に入るように余分な部分をカットしていきます。

器に合うように削ぎ落すようにカットしています。

フローラルフォームの4分の1を使用して余分な部分をカットしました。
カット後はこんな感じ。

フローラルフォームにお水を吸わせる

カットしたフローラルフォームにお水を吸わせます。
きちんと正しくお水を吸わせることがとても重要です。
(画像ではカットしていないフローラルフォームを使用しています)

まずは、フローラルフォームがスッポリとはいるバケツなどにたっぷりとお水を入れます。

フローラルフォームをそっと水面に置きます。
水に浮かせるようにフローラルフォームを置いてください。

水の吸収を待ちます。
フローラルフォームがゆっくりとお水を吸収していきます。
この時に、上からお水をかけたり押したりしてしまうとフローラルフォームの中までお水が浸透しなくなってしまいます

ゆっくりとお水を吸収していきます。

ここまでお水を吸収すれば完成です!

フローラルフォームの正しい使い方まとめ

・傷つきやすいので優しく扱う
・お水を吸わせる時はたっぷりとお水を用意し浮かせるようにそっと置く
・フローラルフォームがゆっくりとお水を吸収していくのを待つ
・お水を吸わせている時は上からお水をかけたり押したりしない事

フラワーアレンジメントに欠かせない吸水性スポンジのフローラルフォーム。
正しくお水を吸収させる事でアレンジメントの持ちが変わってきます。
しっかりとお水を吸水させて使ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る