コンテンツタイトル名

夏のお花を長持ちさせるコツ

猛暑が続く昨今の夏。
暑さですぐに枯れてしまう…。と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
今回は、夏のお花を少しでも長く楽しんでいただけるような、長持ちのコツについてご紹介します。

こまめなお世話が大切

長持ちさせるには、こまめな水替えと水切りが重要です。
※水切りとは、茎の先を水に浸した状態で茎を切ること。
夏場にお花が枯れてしまう主な原因として、気温や湿度により、花瓶の水に雑菌が繁殖してしまうことにあります。
雑菌が繁殖すると、茎の中にある、水が通る導管に雑菌が詰まってしまい、吸水を妨げたり、根を腐らせてしまう恐れがある為、最低1日1回の水替えと水切りを行い、雑菌が増殖するのを防ぐことが大切です。

温度管理

エアコンや扇風機などを利用して風通しを良くし、お部屋を涼しく保つことが大切となってきます。
人間が快適に過ごせる程度で温度差を小さくし、お花の品質をを保つと良いでしょう。
しかし、冷房の風は乾燥していて、お花にダメージを与えてしまいますので、直接当たらないよう注意して下さい。

夏のお花を長持ちさせるコツまとめ

・こまめな水替えと水切り
・最低でも1日1回の水替えと水切り
・お部屋を涼しく
・冷房の風は直接当たらないように

少しでも長くお花を楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る