コンテンツタイトル名

2021年バレンタインを素敵に

2月14日はバレンタインデー
バレンタインは言わずと知れた「カップルの愛の誓いの日」です。
それは、日本だけではなく世界各地でも同様です。

日本のバレンタインと言えばやはりチョコレートのイメージが強くあります。
チョコレートをプレゼントする習慣は日本独自の文化という事はご存知の方も多いのではないでしょうか。

今回は、バレンタインの由来とされているお話や世界のバレンタイン事情、
バレンタインをもっと素敵に演出するお花をご紹介します。

バレンタインの由来とは

(バレンタインの由来は諸説あります。)
バレンタインの由来とされているお話は古代ローマ時代の後のローマ帝国のお祭りから始まります。
そのお祭りは「ルペルカリア祭」といって古代ローマの神々である、結婚の女神ユノや豊穣の神マイアを崇拝するお祭りでした。

当時のローマの若い男性と女性は生活が別々だったそうです。
そこで、人気だったのが若い男女がパートナーとして年に一度だけ会えるお祭りです。そのお祭りでは、お祭り前夜に女性が紙に名前を書いて、紙を桶に入れ、
翌日(お祭り当日)に男性が桶から紙を一枚引くをいうもの。

なんと、くじ引き!

女性の名前が書かれた紙を引いた男性と、その女性はお祭りの間パートナーとして過ごす事になっていました。
パートナー達はそのまま恋に落ちてやがて結婚をする事が多かったようです。

くじ引きだとしても、多くのカップルが誕生した日。まさに「カップルの日」といっても過言ではないでしょう。
日本のバレンタイン、チョコレートを渡して告白!にも通じるものがあるように思います。

キリスト教に由来するバレンタインのお話もあります。
聖バレンタインデー・セイントバレンタインデー(St. Valentine’s Day)

ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は兵士達の結婚を禁止していました。
「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」というなんとも残念な理由。
そこで、キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)さんが登場!ウァレンティヌスさんは結婚ができないと悲しむ兵士達を内緒で結婚させていたそうです。やがてその話が皇帝の耳に入り、ウァレンティヌスさんは処刑されてしまいます。

彼の処刑の日は2月14日とされ、キリスト教でも祭日となり、「恋人たちの日」となったようです。

世界のバレンタイン事情

日本

皆様ご存じの通り、女性から男性へチョコレートを贈ることが一般的。
バレンタインに告白した事がある!された事がある!という方はどれくらいいるのか個人的に気になります。
お世話になっている方への「義理チョコ」やお友達同士で交換する「友チョコ」も。デパートでは美味しいチョコレートがたくさん並び、自分へのご褒美として購入する方も多いのではないでしょうか。
また、チョコレートにとどまらず手作りのお菓子をプレゼントする事も。

タイ

タイのバレンタインは日本と反対で男性から女性へアプローチをすることが多いそうです。
ただ、チョコレートではなくやはりバラの花が人気。
そんなタイでは、以前バレンタインデーに「カップルが抱き合い続ける時間のギネス世界記録」に挑むイベントが開催されました。当時の記録であった25時間22分36秒を打ち破り、最長記録は26時間26分26秒!!
24時間以上抱き合い続けるだなんて、よっぽどの体力、、、そして愛がないとできない事でしょう。

中国

バレンタインのことを「情人節」と呼ぶそうです。
2月14日のバレンタインはあまり浸透しておらず、都市部の若者の文化という印象。どちらかというと7月7日の七夕(七夕情人節)がバレンタイン恋人の日に近いそうです。七夕といえば、中国から伝わった織姫と彦星のロマンチックなお話が有名。ちなみに七夕には男性から女性へ花を贈ることも多いとか。
やはり人気のお花は「バラ」

アメリカ

アメリカでは、男性から女性へお花で愛を伝えることが一般的。
日本のように告白の文化はなく、カップルや夫婦で過ごす日という認識のようです。また、レストランを予約したりジュエリーなどの高額プレゼントも送られるとか。日本における「クリスマス」のような感覚でしょうか。
日本のように、友達同士やお世話になっている方へはカードやチョコレート、スイーツなどを送ったりするようです。

イタリア

イタリアでは恋人同士でプレゼントを贈りあうようです。愛を確かめ合う日としてこちらも告白の文化はない模様。
レストランでの食事や旅行に出かけるカップルも多いとか。
バレンタインにプロポーズするという習慣もあるそうです。
2月15日は「シングルデー」とされバレンタインを一緒にお祝いする相手がいない人はお出かけやパーティーをするそうです。
シングルの女性たちがバーに繰り出してガールズナイトを楽しむことも。
「女子会」は万国共通なのかもしれません。

フランス

フランスでも恋人同士で過ごす日です。
一般的に男性から女性へ花束を贈る事が多いそうです。
人気なのは愛や情熱の象徴の「赤いバラ」
その他ではやはり、ジュエリーや香水などの高価なプレゼントを贈ることもあるそうです。

日本を含め、世界のバレンタインデーを紹介してみました。
世界ではチョコレートよりもお花やジュエリーが人気でしたね。
また、告白の日というよりも「恋人の日」のイメージが強いようです

バレンタインをもっと素敵に

日本では近年、お花の業界が「フラワーバレンタイン」とうたってバレンタインにお花をプレゼントする事を推進しています。
世界各国のバレンタインではお花がプレゼントされているという事実と、花業界の大人の事情もあるのでしょう。

しかし、「恋人の日」とされるバレンタインにお花をプレゼントすることは、なんともロマンチックでスイートな事。
もっと素敵な一日になるのではないでしょうか。

バレンタインにお花を贈ろう

世界各国では「バラ」が人気でしたが、チョコレート文化が根強い日本ではお花はサブ的なイメージ。バレンタインに似合うお花をいくつかご紹介します。

定番のバラの花束

https://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=115

大きいバラの花束も素敵ですが、こっそりと鞄の中に隠しておける1本のバラもサプライズ感があって素敵。
以前、「薔薇の花束に込められたメッセージの秘密♡」という記事を書いていて、色や本数ごとの意味がまとめられているのでよかったらそちらも合わせてご覧ください♪
https://contents.kflorist-design.com/201604/08325

ブーケ

こちらも、こっそりとサプライズをしたい場合におすすめです。
どこかに隠しておいてチョコレートをもらったタイミングで渡せたらとてもハッピー。喜ぶお顔が見られるでしょう。

自宅にお届けアレンジメント

2021年はご自宅でバレンタインを過ごす方も多いのではないでしょうか。
レストランに行かなくても、特別なデートが出来なくても、バレンタインデーにお花が届いたらサプライズ。
遠距離恋愛の場合にも、もってこい。
是非、気持ちを込めたお手紙と一緒にお花を届けてみては。

ケイフローリストオンラインショップから、バレンタインに似合う可愛らしいお花をいくつかご紹介します。

https://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=786
https://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=840
https://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=794
https://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=668

2月14日は「恋人の日」「愛の誓いの日」
素敵なバレンタインをお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る