コンテンツタイトル名

供花

供花とは、お通夜や葬儀にお悔みの気持ちを込めて贈る生花の事を言います。
籠花もしくはスタンド花が主流です。
但し、地域や宗教、金額などによって、花材や花器の形にも少しずつ違いがあります。
葬儀の場所に届けられた籠花やスタンド花には贈り主の名札が付けられます。
事情によって供花を辞退する場合もあるので、事前に確認をしたほうが良いでしょう。
また、キリスト教式の葬儀では生花のみを供花として使います。

近年では、白菊の供花だけではなく洋花も使用される事が多くなっています。
バラの花は棘がある事から、「仏様に棘がたつ」という理由で基本的に使用される事はあまりありませんが、
洋花の供花が増えている事と同様に葬儀にバラの花を使用する事も稀ではなくなってきているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る