コンテンツタイトル名

結納

婚姻により両家が親類(親族)となり「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合う儀式。
一般的には新郎家から、新婦家へ、結納の品を納めます。
本来は帯や着物地などに縁起物を添えて贈るが、現代では帯や着物の代わりに金子包み(結納金)を贈る。
結納は通常、公の場でなされることはなく、両家の間の私的な儀式であるが、結納により「結婚をします」という約束を正式に交わしたことになる。
結納の負担は、女性よりも男性の方が圧倒的に大きい。
額も二倍ぐらいになり、順序も同時ではなく男性が先である。
男性が結納金を払った直後の時点では、男性が婚約破棄をすれば全額を失うが、女性が婚約破棄をしても(まだ結納金を払っていないので)結納金の損失はない。
このように男性の側ばかりに負担が大きいのは、男性に大きな責任が求められているからである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る