コンテンツタイトル名

快気祝い

本来、全快の報告、御見舞へのお礼を兼ねた祝宴を行なうか、内祝いの配り物をするのが快気祝いでした。
しかし、現代では、病気やケガが全快したら、お世話になった方やお見舞いに来て頂いた方に、「快気祝い」としてお返しをする事が多くなってきています。
お返しは、半返しといわれています。もらった品の三分の一か半額程度を目安とすればいいでしょう。
品物は、「あとに残らない」という願いを込め、食べ物を贈ることが多いようです。

【快気祝い】
紅白結び切りの水引をかけ、表書きは「快気祝い」内祝い」など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る