コンテンツタイトル名

卒園・卒業・就職祝い

学業のある段階を終える卒園、卒業は、本人にとっても喜ばしいことです。
ただ、卒園・卒業から入学・就職につながることが少なくありません。
そこで、卒園・卒業祝いを入学祝いと兼ねることが広く行なわれるようになり、卒園・卒業祝いを単独ではとり立てて行なわなくなりました。
卒園・卒業祝いは、新しい門出の入学祝いとして一緒に祝えばよいので、お祝いの品々は、入学祝いに準じればいいでしょう。
就職祝いは、社会人として第一歩を踏み出すことを祝福することですから、社会人として必要な品を贈ります。
時期的には、卒業後、就職する前までに贈ります。

【卒業祝い】
卒業祝いは卒業式前後一ヶ月くらいを目安に贈ります。
水引は白赤蝶結び、花結び、あわじ結びなど、表書きは「卒業御祝」「祝御卒業」「御祝」など。

【就職祝い】
就職決定後、なるべく早く贈ります。就職祝いは身内のごく親しい人のみ贈ります。
水引は白赤蝶結び、花結び、あわじ結びなど、「就職御祝」「祝御就職」「御祝」「賀社会人」など。

【就職祝いのお返し】
就職後2か月位 までにお返しします。
水引は白赤蝶結び、表書きは「内祝」など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る