コンテンツタイトル名

十三詣り

京都を中心に関西では古くから「十三参り(じゅうさんまいり)」という御祝行事が行われています。
近年では関西以外の地域にも広まっているようです。
数え歳で13歳に成長した事を感謝し、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事です。
別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云い、初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着ますが、事前に肩上げをしておいて着用する。
13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承されたようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る