コンテンツタイトル名

七五三

7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝い健康を願う行事です。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに参拝します。
本来は数え年ですが、現在は満年齢で行われる場合が多いようです。
地方によっては男の子の3歳を行わない所もあるようです。
3歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」、5歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、7歳は、それまでの紐付きの着物に代わって、本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りです。

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝います。
千歳飴は、細く長くなっており縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されています。現在では参拝前後に記念撮影をし、レストランやホテルなどでお食事をしたりします。

【七五三のお祝い】
半月前から当日までに贈ります。
水引は白赤蝶結び、表書きには「七五三御祝」「御祝」など。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る