コンテンツタイトル名

お七夜

誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いである。平安時代からつづく民俗行事で、生まれた子に名前をつけて、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式である。
赤飯や尾頭付きの鯛、昆布、紅白の麩などの祝膳を家族で食べ、お宮参りまでの約1ヶ月間、命名書を飾る。また、記念に手形や足形を採ることも増えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る