コンテンツタイトル名

冠婚葬祭の「冠」について

かつては、男子15歳の元服に由来し、冠を頂くの意味を持ちます。
「冠」とは、子供が一人前になったことを祝う儀式のことで、現代の成人式にあたります。
しかし現在では、子供が誕生して成長していく過程を「冠」というようになり、成人してからの人生の節目の祝いごとまで含まれるようになりました。
「冠」の主な祝いごとは、誕生祝いから始まり、初節句、七五三、入園、入学祝い、卒園、卒業祝い、就職、就職祝い、成人式、結婚記念日、長寿祝いのほか、昇進、受賞、新築祝い、快気祝いも含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る