コンテンツタイトル名

月の花・10月「オンシジウム」

オンシジウムの基礎知識

名前はギリシア語のオンキディオン(onkidion:小さなこぶ)にちなみ、花の一部に小さな突起があることに由来します。
草姿からおおまかに「薄葉系」「剣葉系」「棒状葉系」「厚葉系」の4タイプに分けられます。
黄色を基調とし、赤褐色の模様が入る花が多いですが、黄色の単色、白やピンク、赤褐色などもあります。近縁属と掛け合わせたものはさらにカラフルでバラエティーに富みます。
およそ400種が中南米の熱帯・亜熱帯地域に広く分布するランの仲間です。
自生する環境は低地~標高3500mの高地と種によって様々で、姿形も変化に富みます。
大半は樹上に根を張り付かせて生活しますが、まれに地面に根を下ろす種もあります。草姿・大きさ・花姿・開花時期・性質などは「種によって様々」 で、園芸的にも初心者向きから経験者向きまであります。
オンシジウムに近い属に、ブラッシア、ミルトニア、オドントグロッサム、イオノプシス、アダ、コクリオダなどがある。

0a1027c3b24fd4ddb0c5bd6120a9679f_s

薄葉系

最もポピュラーでオンシジウムの代名詞とも言えるタイプです。株元の茎が肥大し、その先端に1-2枚の薄い葉を付けます。鉢花や切り花に利用される種も多く、用途は広いです。花色は黄色のものが多く、たくさんの花が群れるように咲きます。

剣葉系

葉は肉厚で先端が尖り、刀身のような形になります。茎は肥らず、肉厚の葉を左右交互に出して上に伸びていきます。花色はカラフルで、小型のものが多いです。

棒状葉系

茎はあまり肥大せず、棒状の肉厚な葉を付けます。

厚葉系

茎が肥大し、その先端に非常に分厚い葉を1枚直立させます。

 

ケイフローリストオンラインショップの人気商品

「ゴールデンシャワー」
お祝い事に相応しく、喜びと希望に満ちたアレンジです。

12232307_4ef48b35103dc

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る