コンテンツタイトル名

いただいたフラワーアレンジメントを綺麗なままキープする方法

アリエル・ドンバールimg2-280

お誕生日や引っ越し祝い、習い事の発表会などでいただく機会のある綺麗なフラワーアレンジメント。少しでも長く楽しみたいと思いますよね。
でも、いざ手にしてみると水のあげ方どころかラッピングをどう外せばいいのかすらわからない、という方も多いはず。せっかくのプレゼントですから、きちんとお手入れして綺麗なままキープさせましょう。
フラワーアレンジメントのお手入れで気を付けたいポイントについてお話しいたします。

ラッピングのセロハンは外したほうがいいの?

フラワーアレンジメントは大半が透明セロハンによってラッピングされています。
これは、輸送時に花がぶつかって傷まないようにカバーしたり、アレンジメントをさらに華やかに見せたりするための役割を持っているのです。
ですが、これをかけたままにしてしまうと風通しが制限されてしまうため、結果として花の持ちが悪くなってしまいます。
フラワーアレンジメントをいただいたら、まずはラッピングのセロハンをキレイに外しましょう。
この時、花器の中からはみ出しているセロハンは花器の中の水がこぼれないように敷いてあるものですので、外さないように気を付けましょうね。
リボンなどで綺麗に装飾してあると、ついつい「もったいない」と感じてしまうかもしれませんが、思い切って外しましょう。

水はどうやってあげればいいの?

フラワーアレンジメントに水をあげる時に注意したいのは、頻度よりも「水が足りているかどうか」です。
「これくらいの頻度であげる」という目安は特になく、花器の中の水位を見て「少なくなってきたな」と感じたら足してあげましょう。
水を足す時は、こぼれる手前ぐらいになみなみと入れてあげるようにしてください。

アレンジメントの花は「オアシス」という緑色の給水スポンジに生けられています。
ある程度の水分であればオアシスがキープしてくれますが、すぐに蒸発してしまうので器が小さい場合などは毎日足してあげる必要があります。
また、コップやじょうろなどよりもヤカンなどのような口の細いものを使い、細い水流で花器の縁あたりからそっと水をあげるようにしてくださいね。

長持ちさせるために「避けたい」置き場所とは?

花を長持ちさせるためには、置き場所にも気を配る必要があります。
次のような場所は花の傷みを加速させてしまう可能性があるので、避けるようにしましょう。

・空調などの風が当たる場所

・直射日光が当たる場所

・人が通る時に花に体が触れてしまうような場所

・花器の安定が悪い場所

また、花は温度が低い場所のほうが比較的長持ちするようになっています。
できるならば暖かいリビングなどよりも玄関など、気温が低く保たれやすい場所に置くことをおすすめします。

スイート ブリーズimage1_280

もしもアレンジメントに「鮮度保持液」がついてきた場合は、ぜひとも活用することをおすすめします。花に栄養を与えたり水に雑菌が発生するのを防いでくれるので、アレンジメントが格段に長持ちするようになりますよ。
また、鮮度保持液がない場合には砂糖を水の中に加えるのも効果的です。水200ccにつき砂糖0.5g未満を加えれば栄養剤の役割を果たしてくれるので、花が元気に咲く手助けをしてくれます。
さらに台所用漂白剤を1滴加えれば、水に雑菌が繁殖するのを防ぐことも可能です。

綺麗なフラワーアレンジメントには、贈る人の想いが込められています。素敵な想いの結晶は最後の最後まで大切にしたいですよね。

花が枯れてしまった後も残った花器に新しく花を活けたりすれば、いつまでも楽しむことができますよ。

正しいお手入れとちょっとした工夫で、余すことなく楽しみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る