コンテンツタイトル名

花のある生活を! マンションの部屋で花を楽しむコツ

なにかと忙しい毎日の中では、季節を感じる機会もなかなかありませんよね。そんな毎日に文字通り花を添えてくれるのが、季節ごとに違った顔を見せてくれる生花です。
お部屋に生花を飾ることによって手軽に季節を感じることができるため、毎日の生活の中で心を豊かにしてくれますよ。
これからの季節にピッタリのさわやかな初夏の花をお部屋に飾って、気分まで華やかに彩りましょう。マンションのお部屋で花を楽しむコツをご紹介します。

【飾る場所別】マンションの部屋にピッタリの花器とは?

花を飾る際に使うものといえば花瓶ですが、普段あまり花を飾らない方の中には自宅に花瓶がないという方もいますよね。
実は、花瓶以外にも花器として活用できるアイテムがあるのです。花を飾る場所にあわせた、簡単に用意できる花器を紹介します。

小ぶりなマンションの玄関には大きめのグラスにミニブーケを

マンションの玄関は一戸建てよりもコンパクトな場合が多いのが特徴。華やかに飾りたいのは山々ですが、あまり大きな花瓶で飾るのはなかなか難しいですよね。
そんな時に便利なのが、大きめのグラスです。
グラスに手のひらサイズ程度のミニブーケを生けることで、スペースをとらずに華やかさをプラスすることができますよ。

ダイニングテーブルにはさりげなく! 背の低いジャム瓶で

食卓に花を飾ると、簡単におしゃれな印象になるのでホームパーティなどにオススメです。
一方で、あまり大きく背の高い花瓶などを置くと食器を置くスペースが少なくなってしまったり花粉が料理に入ってしまったりと困ったことも。
背が低いジャム瓶などにさりげなくコンパクトに生けるのがポイントです。大ぶりの花を1輪だけ飾るのも素敵ですね。

b8f37568dab8565631f808dd85c124c2_s

リビングにはお皿を使って華やかかつ上品に

家族が集まるリビングは季節の花を飾るのにもってこい。花を大量に飾らずとも華やかさを出すには、ガラスのお皿などを活用するのがオススメです。
お皿は口が広く、深さがないので一見花を生けるのには向かないように思えますが、水を浅く張って茎を浸し、花の部分を縁に引っ掛けるようにして生けるととても上品に見えますよ。お皿自体にもおしゃれな細工が入っているものを選べば完璧ですね。

花が弱ってきたら……元気を取り戻す水揚げのコツ

夏が近づくと気温が上昇し、花が弱りやすくなります。そんな時に有効なのが新聞紙を使った水揚げです。
まず、弱ってしまった花を新聞紙で包みます。
この時、茎の部分を10cm程度出しておくようにしてください。その部分を水の中に浸けたまま5cmほど斜めにカットしましょう。
そのまま花を2時間ほど水の中に浸けておきます。

マンションの部屋でも楽しめる! オススメの季節の花々

マンションの部屋に飾るのにオススメの初夏の花といえば、手軽にミニブーケを作ることができるトルコキキョウです。
多種の花と混ぜるのではなく、トルコキキョウだけでグラデーションのブーケを作るのがポイント。シンプルながらさわやかでにぎやかなアレンジができます。
母の日でおなじみのカーネーションは日持ちがいいので、簡単なお手入れで長く楽しむことができます。1輪挿しでも様になる大ぶりのアンスリウムも、コンパクトでありながらボリュームのあるアレンジが可能ですのでマンションのお部屋にオススメです。
花を生活に取り入れることは、決して難しいことではありません。「私の家には花瓶もないし……」などと尻込みせずに、花を飾ってみましょう。

工夫1つで気軽に花のある生活を楽しんでみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る