コンテンツタイトル名

春はすぐそこ!お花見シーズン 桜の基礎知識

TVやラジオで桜の開花宣言を聞くとお友達と「お花見」しようという話題も出るのではないでしょうか?
日本人は「お花見」が好きな方が多いですよね。ニュースでも桜の開花予想などの話は毎年出ますね。
そういえば、なぜ日本人は桜が咲くと「お花見」をするのでしょうか。
今回は、桜の基礎知識も含めて、「お花見」についてお話させていただきます。

お花見とは

お花見は、日本人が古来から楽しみにしていた春の行事です。
「花見」といえば桜の花を見るために野山に出かけること。桜以外の花を見に行くときは「梅見」「観梅」「観菊」などとその花の名前をつけて表します。
出典:暮らし歳時記

f9fa20e98f935c1567fd1d1ba948fe1a_s

いつからお花見をするようになったの?

古代では呪術的要素が強い桜の木の下での宴が、奈良時代には花を楽しむための行事と変化しました。「万葉集」には桜を詠んだ歌が残されており、当時の貴族が桜を好んでいたことがわかります。
平安時代になると桜の人気はさらに高まりました。「古今和歌集」の春の歌はほとんどが桜を歌っており、「源氏物語」でも宮中での華やかな宴の様子が記されています。花といえば桜、というイメージが定着したのもこの頃と考えられています。
鎌倉時代に入ると、貴族の楽しみであった桜の下の宴はあらゆる階層に広まり、武士や町人の間でも行われるようになりました。京都の寺社や山々に山桜が植えられたのもこの時代といわれています。
江戸時代、お花見は庶民の娯楽として定着し始めます。
江戸後期には染井村(現在の東京都豊島区駒込)の植木屋が、エドヒガンとオオシマサクラの交配種「吉野桜」を作りました。後に、奈良・吉野山の山桜との混同を避けるため、「ソメイヨシノ」と呼ばれるようになりました。
ソメイヨシノは明治以降、沿道や河川敷、公園、学校などに植えられ、全国に広まりました。ソメイヨシノは、今では日本人のアイデンティティといってもよいほどの存在となっています。
一斉に花を咲かせ、あっという間に散りゆく姿を惜しむように、日本人は今年も桜の木の下で宴をするのです。
出典:お花見の歴史と由来

3a838a6adbc3ccf9c22ae4c7bdb79187_s

桜の語源は?

桜の語源は数多いですが、代表的な3つを紹介します。

第1の説

古事記や日本書紀に登場する神話の美しい娘「木花開耶姫(このはなさくやびめ)」の「さくや」が「桜」に転化したものだという説です。
「木花開耶姫」は霞に乗って富士山の上空へ飛び、そこから花の種を蒔いたと言われています。そして、富士山そのものをご神体とした富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)は、全国で千以上に及ぶ浅間神社の総本社で、木花開耶姫を祭神としています。

第2の説

さくらの「さ」は「サ神様」(主に田の神様)の意味で、「くら」は神様の居場所「御座」(みくら)を意味するという説です。
田の神が桜の花びらに宿り、田に下りて稲作を守護するというのです。
稲作りの始まりと桜の咲く時期が同じころなので、満開に咲く花の下で豊作を願ったのだと言われています。

第3の説

「咲く」に、「達」という意味の接尾語「ら」が加わったというものです。
群れて咲く桜は古来より、咲く花の代表であったことをあらわしていると言われています。
出典:桜の語源

どんな桜があるの?

桜の花言葉・・・優れた美人、純潔、精神美、淡泊。
一般的には「ソメイヨシノ」が定番です。全国の桜の名所の8割が「ソメイヨシノ」です。
しかし、桜にはたくさんの種類があります。300種類以上と言われています。
伊豆半島にある「河津桜」は通常の桜よりも早めに咲くことで有名ですね。
他にも純白の花が咲く「白妙」や香りが強い「萬里香」などあります。
出典:こんなにあるんだ!桜の種類

5c14926204f1f53a159fcfd3063ba075_s

まとめ

桜やお花見の由来を知ったうえで、桜を見るといつもと違った楽しみ方ができるかもしれませんね。
お花見シーズンの夜は寒いので、防寒具を忘れないように。また、マナーを守ってお花見を楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る