コンテンツタイトル名

新生活に潤いを与える観葉植物

だんだんと温かくなり春の訪れを感じる季節となりました。
この春から新たな土地、新たな環境で新しい生活を迎える方も多いのではないでしょうか。
新たな生活のスタートのアクセントとしてお部屋に自然の緑があるととても素敵ですよね。
新生活を迎える身近の方へと贈るプレゼントとしても最適です。
観葉植物にはインテリアとして育てるだけではなく様々な嬉しい効果が得られることをご存知でしょうか。
そんな隠れざる植物の魅力をいくつかご紹介いたします。

観葉植物ってどんなもの?

観葉植物とは、葉の形、色、大きさなどを見て楽しみ、室内で育てる植物のことを言います。
本来、日陰でも耐えられますが、長い間置いておくと枝が細く間延びし、葉が落ちることがあるので基本的には室内で直射日光の明るいに飾ります。
そんな観葉植物を育てることによって得られる嬉しい効果をご紹介いたします。

観葉植物のもたらす効果とは?

空気洗浄効果

光が当たっている間に二酸化炭素を吸って酸素を作り出す光合成を行っているので部屋の中に多くの酸素が存在します。
また空気中の有害な物質の吸収もしてくれるため常に空気をきれいな状態に保ち、更にはマイナスイオンを発生させています。
マイナスイオンの濃度が上がることによって精神を安定させる効果も得られます。
葉の大きなモンステラなどは吸収した水分を葉の気孔から酸素と一緒に放つため天然加湿器としても活用できます。
観葉植物は空気洗浄機と加湿器それぞれの役割を持っているのです。
観葉植物の中でも空気洗浄の効果が高いと言われているのが『サンスベリア』
12262220_4ef874a80d0e1

観葉植物 サンスベリア

NASAが発表した50種のエコプラントの中でも、特に空気清浄効果が高いとされているのがサンスベリアです。
ホルムアルデヒドやアンモニア、クロロホルムなどシックハウス症候群の原因となる有害物質を吸収分解する効果があるといわれています。
出典:https://horti.jp/2543

リラックス効果

植物は健康に良いとされる”フィトンチッド”を放出していると言われα波が増えるという実験結果があります。
α波には筋肉の緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。
植物の緑色は精神を落ち着かせ、集中力を上げる効果もありモチベーションも上げてくれます。
ストレスを感じたとき、仕事で疲れた時に癒してくれること間違いありません。
無題
画像出典:http://blog.livedoor.jp/sciencenews2ch/archives/3059375.html

目の疲れを軽減

緑色には目の疲れを軽くする効果や大脳皮質の働きを活発にすると言われます。
パソコンを多く使用するオフィスなどに特におすすめです。
無題
画像出典:http://hadalove.jp/eyestrain-reduction-17992

このように植物にはインテリアとしての役割以外に癒しの効果を持っています。

また観葉植物は悪い気を吸い取り、良い気を取り込んでくれる風水効果もあるのです。
次に、植物の持つ風水についてご紹介いたします。

風水と植物の関係とは?

「植木は難を防ぎ、花は難を隠す」という格言があるほど植物は風水に取り入れた方が良いと言われています。
古代中国の「万葉に気には良い気と悪い気がある」という考えが発祥と考えられています。
風水的に観賞植物を置くのには「葉の形」と「葉の向き」がポイントになります。

葉の形

鋭い葉→鋭い気を発生させます。ベッドや椅子など、人がよく居る場所の近くは避けた方が良いでしょう。
丸い葉→穏やかで気を落ち着かせてくれます。
12262107_4ef8639129430

観葉植物 コンシンネ

葉の向き

上向き→「陽」の性質を持ち、活発な気を発生させます。
下向き→「陰」の性質を持ち、気を優しく静める効果があります。

12262127_4ef868207fbbe

観葉植物 パキラ

これらの葉の特性によって家のどこに置いたらより効果があるのかが変わってくるのです。

どこに置いたら風水の効果があるの?

基本的に隅は気が停滞しやすい場所ですので観葉植物を置いて気を停滞させるのを防ぎます。

玄関

玄関というのは風水で「良い気の入る場所」と言われとても大切な場所とされています。
玄関の中側には丸みのある葉を選び、外側には尖った葉を置くと良いとされています。
丸みのある葉には人のことを落ち着かせるリラックス効果が高く、鋭く尖った葉には悪い気を跳ね返す効果があります。

トイレ

トイレは人の健康運・金運に関係しています。
悪い気が集まりやすく穏やかで気を落ち着かせてくれる丸い葉が良いとされています。
またトイレは日当たりが良くないことが多い為、耐陰性の強い観葉植物がおすすめです。

寝室

寝室は休息や睡眠で長時間リラックスする場所です。
穏やかで気を落ち着かせてくれる丸い葉や「陰」の性質を持ち、気を優しく静める下向きの葉が良いとされています。
「陽」の性質を持つ上向きの葉は活発の気を発生させてしまい、睡眠が十分にできない可能性があるので気を付けましょう。
無題

リビング

リビングはゆっくりくつろげる空間です。
穏やかで気を落ち着かせてくれる丸い葉や、「陰」の性質を持ち、気を優しく静める効果のある下向きの葉を置くといいでしょう。
また広さや日当たりを考慮してお部屋のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。
無題

「葉の形」「葉の向き」「置き場所のポイント」これらをふまえて育てることによって風水の効果がより得られることでしょう。

観葉植物は育てて楽しむことやインテリアとして楽しむことだけではなく、様々な癒しの効果、風水の効果、生活のプラスになる要素が多く含まれています。
初めて観葉植物を育てる方は、手入れが楽で育てやすい物を選ぶとより手軽に楽しめますよ。
部屋の大きさや雰囲気に合う観葉植物を選ぶことで、より素敵な空間づくりができます。
植物には生活していくうえでプラスになる効果が多くあり不安の多い新生活をリラックス効果などで支えてくれることでしょう。
特徴も踏まえ自分の部屋に合う観葉植物を選んで、これから始まる新しい生活のスタートを、観葉植物で彩ってみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る