コンテンツタイトル名

何故春になると多くの花が開花するのか?

もうすぐ2月も終わり、これから3月になりますね。
日が昇るのが早くなり、段々と寒い冬から、暖かい春になってきた今日この頃。
今回は、なぜ春になると多くの花が開花するのかをお話させて頂きます。

なんとなく、四季の中で春に一番花が咲いているように感じますが、確かに花は春に咲くものが多いようです。
皆さんも暖かくなると、いっせいに花が咲き始める光景をよく見かけるのではないでしょうか?
花が開花するときには、当然ですがその前に蕾ができます。
この蕾のできる仕組みと、蕾から花が咲く仕組みがわかれば、なぜ春になると多くの花が開花するのかわかると思います。

春に咲く花の芽は、冬より前に形成されています

実は、これから見ごろになる梅や桜も、前年の夏にはもう既に開花の準備ができています。
この時に、蕾の元が形成されているのにも関わらず、花はなかなか咲きません。
これは葉が花の分の栄養を取り、花に回していないからです。
ですから、葉が落ちると花はいつでも開くことができるのです。
梅や桜は葉が落ちた後は、季節は冬になってしまいます。
すると今度は、気温が低くなりすぎて花は咲くことができないのです。
花は、いくつもの条件を満たさないと開花しません。

生物は子孫を残すために全力を尽くします

諸説ありますが植物は原産地の気候等に依存しており、授精、果実(種子)の成長に最も適した季節に開花するのです。
植物は花粉を運ぶ虫はいつ活動するのか?種の成長が確実なのはどの季節なのか?を試行錯誤して、その地域の環境により開花時期を選ぶはずです。

生まれ故郷も関係します

一般的に春に開花する花は温帯が生まれ故郷、夏に開花する花は熱帯が生まれ故郷です。
冬に咲く花は寒い地域が原産地でしょう。やはり真冬に咲く花は少ないようです。
シクラメンなどはお花屋さんで冬に売れていますが、これは園芸農家が温室で調節して咲かせたものであり、家庭で育てるとなると実は開花は春です。
ですから、冬は極端に花の数が少なくなります。
冬は日光の光量も少なく光合成も積極的に行えないため、生殖には適しません。

お花の色も関係しています

春に咲く花は、ハチやハエなどの昆虫が誘われやすい、黄色い花が多いようです。
春に咲く花に黄色や白が多い理由は、受粉を媒介を行う虫に関係しているからです。
まだ寒い季節には、ハチ、チョウ、ハナムグリなどの昆虫は活動を開始していません。
その代わりに、この時期にはハエ類が重要な媒介虫になるのです。
そのハエ類が最も敏感に反応する色が黄色系と言われています。
誰のためになぜ花を咲かすのかといえば、子孫を残す手伝いを行い花粉を運んでくれる虫たちのためですから、虫たちの好みに合わせて花色を決めるということなのです。
ちなみに、今日では人工的に作られた花も多いので、黄色や白だけでなく変わった色味も多くバリエーションが豊富になっています。

気温との関係

そして、多くの野生の花は,一年のうち特定の季節に開花します。
それは、人間と同じように植物にも季節の移り変わりを認識する仕組みがあるからです。
植物は日の長さと温度の変化から,季節の変わり目を感知しています。
春に咲く多くの花は、冬の低い気温と春になり日が長くなることが重なり開花します。
反対に、夏から秋にかけて咲く花の多くは、日が短くなることから開花すると言われています。

お花を長持ちさせるには

ちなみに、先ほどお話しましたが梅や桜だけでなく、バラやユリ等の切り花も葉がついていると中々開花しません。
できるだけ早く咲かせたい時には、不要な葉をいくらか取り除き切り口を斜めにしておくと、水を吸う面が多いので早く咲き、花の持ちも良くなるのでおすすめです。

まとめ

このように全ての花が春に咲くわけではありませんが、多くの条件を、一度に満たすことができるのが春なので、やはり春には沢山の花が開花するといえるでしょう。
これからお花見シーズンになりますが、その際にはお花が咲く仕組みを理解したうえで見ると、いつもと少し違う角度からお花見を楽しめるかもしれませんね。IMG_1821_2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る