コンテンツタイトル名

これってNG?取引先の人のお見舞いに持参する花の選び方

取引先の人が怪我や病気で入院した、という話があれば、お見舞いに行くことはごく自然なことでしょう。
お見舞いにお花を持参する人も多いですが、この時に選び方を間違えると失礼に当たる場合もあります。
取引先の人のお見舞いに持参するお花は、どのように選べばいいのでしょうか。
今回は持っていくのにおすすめの花と、選んではいけない花をそれぞれご紹介します。

華美過ぎず、飾りやすいものを

入院されている場合、病室が個室なのか大部屋なのかまでわからないということもあるでしょう。
どんなお部屋でも対応できるように、あまり華美すぎないコンパクトなものを選ぶことがポイントです。狭い病室でも対応できるサイズが好ましいでしょう。
カラーは華やかなものもいいですが、赤やピンクは控えめに、黄色やオレンジなど落ち着いたカラーのほうが喜ばれます。
また、相手が男性か女性かによってカラーを選んでもいいでしょう。

フラワーアレンジメントがベスト!
1470

小さなものであれば花束でも問題ない場合もありますが、花瓶を用意していない可能性もあります。
お見舞い用にお花を選ぶなら、花器付きのフラワーアレンジメントがベストです。
水を変える必要がないですし、枕元に飾っておけるので喜ばれます。
あまり香りの強いお花は避け、見た目で楽しめるようなものを組み合わせてもらいましょう。

お世話が楽なものを

生のお花だと、どうしても水を変えたりするお世話が必要になってきます。
病状によってはそういったお世話がしにくい、またお世話をしてくれる人がいないという場合も考えられます。
そういった場合は生のお花ではなく、お世話が必要ない「プリザーブドフラワー」がおすすめです。
生花を加工したものなので、生のお花の質感はそのままに、かわいらしいデザインを楽しむことができます。
ケースに入っているものなら退院する際にそのまま持参することもできます。

鉢植えは絶対にNG

どんなにかわいらしいお花だったとしても、お見舞いに鉢植えを選ぶのだけは絶対にNGです。
植物が根付いていることから「寝付く」と連想され、先方に悪い印象を与えてしまいます。
入院生活が長引くことを連想してしまうので、お見舞いに鉢植えは避けましょう。
また、枯れるとお花がボトッと落ちてしまうようなものも、お見舞いには向きません。
ツバキがその代表で、枯れるとガクごと取れて落ちてしまいます。
昔からツバキは縁起が悪いと言われているお花のひとつでもありますので、お見舞い用には選ばないようにしましょう。

お花の選び方1つでその人のビジネスレベルが推測されることもあります。本当に相手を慮って選んでいるのでしたら、尚更マナーやルールを守るようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る