コンテンツタイトル名

開店祝い・開業祝いにお花を贈るときのマナー

友人・知人、仕事で付き合いのある方などが新たにお店をオープンしたり、新規開業したりといった時には、開店祝いや開業祝いを贈りたいもの。
胡蝶蘭やスタンド花、フラワーアレンジメントなど「お花」は、開店・開業祝いに人気が高い贈り物です。
新たな門出を華やかに彩るお花を贈りましょう。
開店祝い・開業祝いにお花を贈る際に知っておきたい相場やマナーなどについてご紹介します。

開店祝い・開業祝いの相場と選び方は?

開店祝いのお花の相場としては、一般的に10,000円~20,000円程度のお花を贈る方が多いようです。
相手先との親しさや、個人からか法人からかによっても選ばれる価格帯が変わってきます。それほど親しくない相手であれば5,000円~8,000円、友人であれば10,000円~20,000円、親族であれば20,000円~30,000円、取引先であれば10,000円~50,000円程度が主流です。
開店祝いなどお祝い事の定番とも言えるのは胡蝶蘭です。華やかで長期的に飾ることができるのが人気の理由となっています。しかし、定番ゆえに他の方からの贈り物とかぶってしまいやすいという側面もあります。
相手との関係にもよると思いますが、定番にこだわらず相手の好みや趣味に合わせて色や花の種類を選ぶのも良いかと思います。生花のフラワーアレンジメントや、プリザーブドフラワー、スタンド花などいろいろなスタイルを検討したいですね。
スタンド
http://www.kflorist-design.com/products/detail.php?product_id=274

開店祝い・開業祝いを贈るタイミングは?

開店祝いにお花を贈る場合、開店の前日もしくは開店当日に届けるのが一般的です。
生花の場合はあまり早く届けてしまうと、開店・開業後あまり店頭に長く飾れなくなってしまいます。できるだけ直前もしくは当日に届けることをおすすめします。比較的長く飾っておける胡蝶蘭や観葉植物、プリザーブドフラワーなどを贈る場合は、相手の都合に合わせつつ、余裕を持って少し早目に届けても良いでしょう。
いずれの場合にも、開店・開業の直前は何かと忙しいものです。
前日など開店前に届ける場合は、お店に人がいるかどうかや届けても問題ないかをあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

開店祝い・開業祝いのお花に木札は必要?

開店祝い・開業祝いにお花を贈る場合、木札をつけるのが一般的です。
特に、取引先に開店祝いを贈る場合などビジネスシーンではつけるのがマナーとなります。
木札には、「祝御開店」「開店御祝」などお祝いの文言と、贈り先の名前(店名または社名、○○様)および贈り主名(社名+役職、氏名)を記載するのが一般的です。
当たり前ですが、相手先のお名前や漢字などの間違いはとても失礼にあたります。木札に記載する際は間違いのないよう細心の注意を払いましょう。
木札と合わせて、お花にメッセージカードを添えて贈るのもおすすめです。自分の言葉でお祝いの気持ちを伝えることができます。ただし、商売にとって縁起の悪い「つぶれる」「傾く」「倒れる」などの忌み言葉を使わないように気をつける必要があります。
以上、開店祝いや開業祝いにお花を贈る際に知っておきたい相場やマナーについてお伝えしました。

フラワーギフトを贈る際には、ぜひ参考になさってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る