コンテンツタイトル名

知らなきゃ恥ずかしい 入学内祝いのマナー

内祝いの本当の意味は?

入学シーズンに入ると身内の方から心を込めて選んだお祝いが届き始めます。
入学のお祝いは晴れて新しい世界に一歩を踏み出すお子さまへのはなむけです。
入学祝いを頂いたら内祝いとしてお返しをしますが、実は内祝いの本当の意味はお返しではないのです。

その意味は文字通り「内(自分のところ)のお祝い」という意味で、我が家におめでたい事があったのでその喜びの気持ちを祝い品という形に変えて、皆様にもお分けし一緒に喜びを祝ってもらおう。そして日頃のありがとうの気持ちを込めて「お福わけ」と言って振る舞いの贈り物というのが本来の意味です。
そして、おめでたい事があった家人側が自主的に贈ることが基本だったようです。

m-0014

入学祝いをいただいたらどうする?

入学祝いには、学用品などで何かと物入りなこの時期に「お子さまが安心して勉学に励むよう援助する」という意味が込められています。
このことから「お子さま(収入もなく自分でお返しできない)へのお祝い」なのでお返しは不要とされています。
入学祝いをいただいてから3日以内に電話でお礼を伝えましょう。
その際にお子さまの喜んでいる様子を伝えると「贈ってよかった。喜んでもらえたんだな」と相手の方に気持ちが伝わります。
またいただいたのはお子さまですから親からお礼を伝えたあとに、お祝いをいただいたお子さま本人からお礼の言葉を伝えると良いと思います。
絶対に「3日以内でないといけない。」とまでは言いませんが、早ければ早い方がお礼の気持ちも伝わりますし、良いと思われます。
またお礼状を書いて送るとより丁寧です。お子さま直筆のお礼状や字が書けない年齢なら絵を描いたり、身内の方には「入学式の記念写真」や「いただいたお祝いでこれを買いましたとわかる写真」を一緒に同封して送ったりすると喜ばれるはずです。

お返しを兼ねて入学内祝いを用意するのが一般的

本来入学祝いにお返しの必要はありません。しかし、時代の変化と共に内祝いはもらったお祝いに対するお返し品、という認識が広まってきています。今後のお付き合いやお子さまに対する印象が良くなるはずですので、どうしようか迷ったらお返しをした方が無難でしょう。「親しき仲にも礼儀あり」とも言いますし。

お返しの品と相場

遠い親戚や知人などに入学内祝いを送る場合は、いただいたお祝いの半額から3分の1程度の予算で用意するのが一般的です。古くから半返しなど言われたりもします。
人気があるのはお菓子やコーヒーなどの食品。タオルや洗剤といった日用使いの消耗品です。
最近では、人とちょっと違った記憶に残る内祝いをしたい、センスあふれるオシャレなギフトを送りたいと花を贈るのも増えています。
花束のような大きなものではなく、小さなフラワーアレンジメントがちょうど良いかと思われます。
生花ですと長持ちはしないので、プリザーブドフラワーのアレンジメントも人気です。
プリザーブドフラワーとは、特殊な技術をもとに生花のみずみずしさ、色鮮やかな美しさをできるだけ長い期間楽しめるように作られたお花です。水やり・水替えなどの日々のお手入れの必要もなく、保存状態が良ければ1~2年、環境によってはさらに長期間みずみずしく咲き続けます。また、アレルギーの原因となる花粉やにおいがあまりありません。
事前に送り先の好みやライフスタイルをさりげなくリサーチしてもらってうれしい内祝いを探してみてはいかがでしょうか
最近では贈答マナーについてあまり堅苦しく考えず、タブーがなくなりつつある傾向がありますが、地域によっては特有のマナーやお返しの金額・品物がタブーがある場合もあります。
一般的に送ってはいけないものとして、お金・肌着(生活に困っているように受け取られることがあります)・腰から下に身に着けるもの(特に靴や靴下などの履物は踏みつけるという意味があります)はマナー違反とされていますので注意しましょう。
そして、お返しとしての贈り物をするのなら、高級すぎないものにしておくのがマナーです。

02262235_4f4a353512592
http://www.kflorist-design.com/products/list.php?category_id=203

お返しの時期はいつごろ?

入学祝いをいただく時期も、入学式直前にいただく場合・入学後にいただく場合と
いただく方よって様々かと思います。
いずれの場合もあまり日を空けないよう1か月以内を目安にお子さまが直接お礼を言えるよう一緒に訪問します。
遠方の方や訪問がかなわない場合は郵送でも構いません。
本来お礼は一週間程度で贈るものですが、入学式で写真を撮ってから贈る場合は入学式後できるだけ早く贈るようにしましょう。
滅多に会えないなどの理由で、帰省したお正月の際やその前にいただく場合があります。その際は入学式後では遅すぎますので、1週間程度でお礼状を添えて贈るのが良いでしょう。

まとめ

入学内祝いはお子さまの成長や大切な門出を祝ってくださる方へ感謝の気持ちを伝えるものです。
「成長を見守ってくれてありがとう。これからもよろしくお願いします。」という気持ちが一番大切なのかもしれません。難しく考えすぎず、相手の喜ぶ顔を想像しながら、お返しの内容を考えると良いですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る